レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。





スマートハウス
URL:http://www.nichiei-group.co.jp/construction/
スマートハウス


レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:24 6 22

皆さんは、
「ヨーグルト減量」ってご存知ですか?

これは、
あさ、午後、ばんの食事はきちんと食べて、
デザートをヨーグルトにするという減量法です。

ヨーグルトが減量に良いと言われる理由は
乳酸菌がたくさん含まれているからです。

腸は乳酸菌が入ることで活発に動き出し
便の出がよくなります。
食べたものが、ウエストにたまらずに出て行くので
体重が減るのは当然ですよね。

さらに、腸が活発に動き出すと、
便の出が良くなるだけでなく…

まず、ニキビが出来にくくなります。

便が腸に長時間たまると、
便の中に含まれる有害物質や老廃物が
血液に流れ込み全身に回ります。

人間の体は、有害物質や老廃物を
毛穴から排泄しようとするため
ニキビができるんですが…
ヨーグルトはこれを改善してくれます。

ヨーグルト減量をすれば、
お肌の調子もよくなるんですよね!

そして、病気になりにくい体になります。

人間の体には免疫力というものがあり、
体に侵入してきた病原菌を退治してくれます。

この免疫力は、
体に住みついている善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると
低下し始めます。
ちなみに、善玉菌90%悪玉菌10%が丁度いいそうです。

しかし、
現代の食事は欧米化が進み、
善玉菌が減り、悪玉菌が増え、
バランスが崩れている人が増えてきているとのこと…

でも、ヨーグルトを食べると善玉菌が増えるので、
体内の細菌バランスが良くなり
免疫力もアップするのです。

体重が減るだけでなく、
お肌や体の調子まで整えてくれる
ヨーグルト減量。

なんて素晴らしい減量法なんでしょう!